10年以上フィリピンで駐在していたビジネスマンでも勘違いする

フィリピンのKTV

フィリピンの経済発展により、多くの日本人や外国人がフィリピンに駐在するようになりました。フィリピンに駐在した当初は仕事をこなし、いろんなことが新鮮ですが、少しずつフィリピンに慣れてしまいます。

フィリピンに慣れてしまうと同時に、単身でフィリピンに駐在していると、たまらなく寂しくなり人恋しくなります。自分の家族は日本に住んでいることが殆どなので、仕事が終わればマンションで一人です。

そんな時にマニラや街中にあるKTVを訪れると、フィリピーナたちが寂しい駐在員を快く迎えてくれます。しかし、フィピーナと駐在員の間柄は、フィリピンペソがあって初めて成り立ちます。

しかし、日本人駐在員や寂しい日本の老人たちは、このフィリピンペソで成り立っている関係を、「俺とだけは特別な関係」と思い込んでしまいます。

この勘違いは傍から見ると滑稽なものです。「いい年したオッサンや爺さんが、金で成り立っている関係を本気の間と勘違いするなんて恥ずかしい」と周りの日本人は思っています。

しかし、勘違いした男を恥ずかしい男だと揶揄していた日本人男性でも、フィリピーナに惚れてしまうと強烈な勘違いをまき散らしてしまいます。これは全ての男性に当てはまることです。

フィリピで勘違いする日本人

日本人、アメリカ人、韓国人など国籍は一切関係ない

フィリピーナにガッツリと惚れ込んでしまった男は、周りが見えなくなってしまう傾向が非常に高いように感じます。10年以上フィリピンに住み、駐在員として仕事をバリバリこなし、フィリピン人を雇用してきた男でも勘違いするのです。

数十人のフィリピン人を部下として使い、綺麗なフィリピーナを秘書として隣に置き、いろんな企業のパーティなどにも出席し、美しいフィリピーナたちと触れ合う機会がある男でも、「俺だけは特別」だと思い込みます。

この「俺だけは違う・俺だけは特別」という思い込みは、フィリピンでは非常に危険な思い込みです。フィリピーナやフィリピン人はこういった日本人の思い込みを、搾取出来るターゲットして肌で感じています。

フィリピン・マカティ

仮にフィリピーナが感じなくても、周りのフィリピン人が搾取できる日本人としてフィリピーナをけしかけますので、何らかの形で自分のお金を失ってしまいます。

沢山ある財産の一部を搾取されてしまうぐらいでしたらマシですが、財産の殆どを搾取されてしまいますと、老後の生活が破たんしてしまいます。勘違いした日本人がフィリピーナやフィリピン人に搾取された例はいくらでもあります。

フィリピンは非常に魅力的な国である反面、貧困層を莫大に抱える国です。貧困層のフィリピン人達は、生きていくためにあらゆる手段を使います。このあらゆる手段の中に、先進国の人間から搾取することも含まれています。

「俺だけは違う・俺だけは特別」だと思っている日本人を見かけたら、聞く耳を持たずとも優しくアドバイスしてあげてください。それが同胞としての役目でしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。